坂道、路地、海。お散歩の楽しい町、「尾道」に引っ越して来ました。
by erikaht
プロフィールを見る
画像一覧
カテゴリ
全体
我が家のこと
ハンドメイドのこと
尾道散歩
お知らせ
ワタシのこと
未分類
以前の記事
2013年 11月
2013年 10月
2013年 06月
2013年 05月
2013年 04月
2013年 01月
2012年 12月
2012年 11月
2012年 10月
2012年 09月
2012年 08月
2012年 07月
2012年 06月
2012年 05月
2012年 04月
2012年 03月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
フォロー中のブログ
ばーさんがじーさんに作る食卓
Fil d'or
fu. 尾道からのカフェ日記。
m o n o l o m:
尾道日和vol.3
さくらまち日記
toco split l...
四つ葉スタイル
メモ帳
最新のトラックバック
ライフログ
検索
その他のジャンル
ブログパーツ
最新の記事
ちっちゃい毛糸玉ピアス
at 2013-11-16 11:30
第三回ニットカフェ作品展、開..
at 2013-11-15 09:13
赤くて、丸い感じ?
at 2013-11-11 11:51
久々に手しごと
at 2013-11-07 21:55
青空マルシェ日和!
at 2013-10-31 07:25
外部リンク
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
日々の出来事
ハンドメイド
画像一覧

カテゴリ:ワタシのこと( 11 )

商店街でのお買い物

娘と夫とお散歩がてら、商店街にお買い物。
手芸店に入って、糸を手にとったら、すぐにお店のおばちゃんが出て来て、
「いらっしゃい。何を作るん?」と聞かれました。

いや~、何を作るかって・・・。
実は、前に母に借りて、使い切ってしまった黒い糸を買って返すつもりで、お買い物に来ました。
お裁縫に無頓着な私。
たぶん、借りたのはミシン糸かな?・・・くらいの適当な記憶。
昔は洋裁も和裁をした母ですが、たぶん、今はボタンつけとか、ちょっとしたほつれの直しとか、その程度の作業くらいしません。
なので、まあ、とりあえず黒糸を・・・くらいの気持ちだったんだけど。

「ええと、普通にボタンつけたり、ちょっと縫ったり(←適当・・・笑)するような糸を・・・」とモゴモゴ言っていたら、おばちゃんは、
「この糸はパッチワークとかに使う糸で、ちょっと普通の糸とは違うんよ。」
「太さも、素材も、ほら、こんな感じでね。」
・・・というような説明をすごく丁寧にしてくれました。
しかし、何となく、勢いに押されて、お店を出ちゃった私。
何してんだ。

気を取り直して、別のお店に。
あ、これ、見たことある!絶対、普通のミシン糸!
そう思って、レジに持って行ったら、そのお店のおばちゃんにもやっぱり聞かれた。
「何を縫うん?」

ホントは違うけど(笑)、
「ええと、子供の巾着とかです。」って、何となく言ってみた。
そしたら、「そんならこっちの太さのほうがいいよ。黒じゃね?」
奥からお勧めの糸を出してくれました。

店の外で待っていた夫に
「尾道の商店街では、きちんと使い道を言わないと、糸を売ってもらえないみたい。」
と報告。
あははと笑っていました。
さすが、人情の街。
レジで、ピッピって終わってしまう買い物とは、一味違います。


広島ブログ
[PR]
by erikaht | 2013-04-02 21:30 | ワタシのこと

ツバメ事情

朝、娘を幼稚園バスの乗り場まで連れていく途中、たくさんのツバメが​低い位置で飛んでいました。
曇り空だし、気圧が低いせいかな?・​・・と思っていたんだけれど、何だかやたらと数が多い。
そして、​何というか、飛び方が、ちょっと下手っぴなんです。
電線に並んで​止まったのをみると、やっぱり!
まだ身体の色が灰色がかってもこ​もこの産毛の残った、巣立ちしたばかりの子供たちでした。
かわい​いなあ~。

しばらくじーっと見ていたら、母らしきツバメが飛び立​って、少しして戻ってくると、子供たちは羽をばたばたさせて猛ア​ピール。
電線の上で餌をもらっていました。
巣立ちしたのに、まだまだ手が​かかるのね。
母は大変だな。

母ツバメが忙しく、また飛び立って行きました。
友達と一緒にツバメを見ながら、「母さんツバメは、さっき餌あげた子、覚えてるんかね?」と話していると、母ツバメが戻ってきて、さっきと違う子に、ちゃんと餌をあげていました。
母さん、えらいね~。

でも、次の時。
間違えて?、母ツバメが続けて同じ子に餌をあげると、まだ餌をもらっていない端っこの子が、すかさず2度続けて餌をもらった子のお隣に!

ツバメ事情を垣間見た感じ。
面白い。


広島ブログ
[PR]
by erikaht | 2012-06-20 23:06 | ワタシのこと

1年の休憩

休閑地。
雑草に混じって、ちょこちょこといろんなお花が咲いている・・・みたいな、そんな感じ。
最近の自分。

尾道に引っ越してきて1年。
ゆっくりな時間を、過ごさせてもらいました。
いいか悪いか、この1年は、専門の仕事は全く入らず(笑)。
まあ、そのおかげで、手しごとやイベントへの参加、ゆっくり尾道の町をお散歩。
心に栄養をたっぷりもらい、「今」があります。

尾道でできた人とのつながり。
出会った人たちから、楽しく生活するヒント、何かを始めるチャンスをたくさんもらって、それが種になって、今、いろんな花の芽が出ています。
面白い。

若い時は、夢に向かって、一生懸命でした。
夢を実らせるために、ひたすら頑張って。
邪魔になる雑草は抜いて、肥料をやって。
それはそれで、とても充実していたし、自分に力を蓄えるために必要な時間だったと思います。

でも、何か違うな~。しっくりこない・・・。
・・・と思っていた、ここ数年。

1年、ゆっくり休んだら、ちょっと見えてきた。
「いろいろやって、いいんだな。」ということも。
「ゆっくりやって、いいんだな。」ということも。

目標を持つことは大事だけれど、その時その時に起きる出来事の波に乗ってみたら、それが何かを変えるきっかけになることも結構ある。
ゆっくり過ごしたこの1年は、私にとって、必要な1年だったのかも。

気持ちが落ち着いたら、専門の仕事も、またやりたくなってきた。
できれば、「尾道」で、何か役に立てることをやりたいけど。
それはちょっと先かな。
とりあえずは、復帰にむけて、少しずつ準備。
手しごとも、もちろん続けます。
私の、心の栄養ですから。

雑草だと思って抜いていた野の花も、結構きれいかも。
そして、もしかしたら、雑草に混じって、思いがけず素敵な花が咲くかもよ~と、これからに期待。

広島ブログ
[PR]
by erikaht | 2012-06-18 11:17 | ワタシのこと

ココロの時間。

b0238262_22575493.jpg


三軒家アパートメントにある「手工房」の、今日は「ココロの時間。」に初参加してきました。
「ココロの時間。」
ちょっぴり深いお話とチクチクの会です。

「今日はこっちでやりましょう。」って、アトリエではなく、お隣の布生地の店「麒麟堂」さんで作業をしたので、たくさんの素敵な布に囲まれてのチクチクでした。

b0238262_22583364.jpg


今日は、こんなポプリ入りのお手玉を作りましたよ。
好きな香りのポプリを入れて。
雨音を聞きながらの作業です。

何でかな。
手工房は、ゆっくり、ゆったり、時間が流れて行きます。
「はじめまして」の方とも、いろんなお話ができました。
fu.さんから、新しいアトリエの時間割のお話もうかがって、ますます楽しみなことがいっぱいの手工房。
またゆっくり、お邪魔します。

b0238262_2353468.jpg


麒麟堂さんのお店の中に、見覚えのあるものを発見。
いつぞやのニットカフェ作品展で麒麟堂のオーナーさんに買っていただいた、雪の結晶。
飾っていただいてました。
うれしいな。

広島ブログ
[PR]
by erikaht | 2012-06-12 23:09 | ワタシのこと

太陽のまわりに

朝、母から電話があって、
「太陽のまわりに虹が輪っかみたいに見えるよ。見てみて~。」って。
ホントだ。
綺麗。
何だか、いいこと、ありそうだなあ。

b0238262_2258256.jpg
b0238262_2258487.jpg
b0238262_22584246.jpg

[PR]
by erikaht | 2012-05-19 23:00 | ワタシのこと

そっか、まず加入か・・・。

息子が20歳になったので、国民年金加入のお知らせが来ていました。
まだ学生だし、在学中は免除をしてもらおうと、今日は市役所へ。
免除に必要な書類をしっかり揃えて、窓口に出したら、

「ええと・・・、年金番号取得のための書類も入ってましたよね?」って。

???

「あの~、まず、加入をしていただかないと。」

「・・・あ、持ってきてないです。」

そうか、そうか。
免除、免除・・・免除のことばっかり、考えていました。
確かに、加入してから、免除よね(笑)。
書類がないので、窓口で出していただきました。
すみませ~ん<(_ _)>

無事に手続き、終わりましたよ。
あはは。
[PR]
by erikaht | 2012-05-19 00:10 | ワタシのこと

Facebook

Facebook。
よくわからずに登録して、よくわからないまま、使っています。
でも、むかしむかし教えた学習者さんとつながったりして、ちょっと嬉しい。
タイや、南米や、あれ?日本にいるのね・・・なんて。
みんな、どうしてるのかな?
何歳になったの?

かつての熱意や夢を思い出して、何だか、今の自分を考えてしまう今日この頃。
[PR]
by erikaht | 2012-05-11 07:12 | ワタシのこと

脱力~。

今日は力が入らない…。
家が散らかっていて、片付けなければいけないのに、スイッチが入りませぬ。
やりたいことをやる時の、人間のエネルギーというのは、すごいものです。
エネルギーを使い果たし、今日はすぐに座りこんでしまったり、コーヒーを飲んだり。
仕方ない。
今日はゆっくり、過ごします。
[PR]
by erikaht | 2012-04-16 11:01 | ワタシのこと

こもってました

昨夜から、ちょっと体調を崩してしまい、
「明日はお天気悪そうだし、桜が散っちゃうかもしれないから、お花見に行かない?」
という母からのお誘いも、娘だけ連れて行ってもらうことにして、お家でおとなしくしていました。
むむむ、残念…。

両親と祖母と娘は、千光寺にお花見に行ったそうで、
「桜、すごくきれいだったよお。Tちゃんも来てたよ。」と娘。
お花見、したかった…。
桜、明日のお天気を乗り越えて、残ってくれているかな。

お花見の後、そのまま実家で娘を見てもらっていたので、夜に車で迎えに行きました。
その道中。
夜の桜土手に浮かぶ、なんて見事な桜。
古い、立派な枝ぶりの桜の木は、枝が水辺にぐっと下がっているので、たっぷりついた花が重たそうにも見えます。

以前、母が、この桜を見ながら、
「この時期に桜土手を通ると、尾道は本当にきれいな街だなあ。いいところに住んでいるなあ…と思う。」と、
しみじみ言っていました。
ほんとにね。

明日はお昼に桜土手で、写真でも撮ろうかな。
雨でもきっと、素敵なはず。

我が家の春は、娘のとってきた野の花。

b0238262_0181727.jpg


そして、近所のちっちゃいおばあちゃんが持ってきてくれた桜。
「だいだいをとるハサミ(たぶん、高枝切りばさみ?)でとったんよ。大変じゃったわ。」
と言って、にかっと笑い、
「でも、うれしかった。」
と、置いていってくれましたよ。

b0238262_0301471.jpg


にかっと笑ったおばあちゃんの顔が、かわいかったな。


★「第11回おのみち手しごと市」★

日時:4月14日(土)、15日(日)
   午前10時から15時まで。
場所:宝土寺(尾道市土堂町10-3)

春のお寺の境内に、たくさんの素敵なお店が並びますよ。
是非是非、お越しください。
[PR]
by erikaht | 2012-04-11 00:33 | ワタシのこと

おばあちゃんと手をつないで

ちょっと前から、おばあちゃんが新しい割烹着を欲しがっているんですが、
うちのおばあちゃん、実はとても体格がよくて(笑)。
なかなか合うサイズのものが見つかりません。
先日、娘のお迎えの帰りに商店街を歩いていたら、「これなら大丈夫かも…」と思うものがあったので、今日はおばあちゃんを連れて、見に行くことに。
今年90歳になったおばあちゃん。
昔は、西久保の家から商店街まで、しゃきしゃき歩いて、よく買い物に出ていました。
今も元気は元気なんですが、すっかり足と目が悪くなり、さすがに一人では買い物に出なくなりました。
今日は母がお店の近くまで車で送ってくれて、私がおばあちゃんの手を引いて、二人で商店街へ。

早速、割烹着を見に行ってみたものの、サイズはいいけれど柄が気に入らなかったり、柄がいいと思うとサイズが合わなかったり…。
結局、「またにしようか~。」ということになりました。
母に電話をして、車で迎えに来てもらおうとすると、
「ちょっと歩いてみようか。」とおばあちゃん。

「ここ歩くんは、何年ぶりじゃろ。」
手をつないで商店街を歩きました。
ゆっくり、ゆっくり。

普段は、幼稚園の帰り道に娘の手を引くことが多い私。
娘よりも、ずっとずっと遅いそのペースに、おばあちゃんの年齢を感じます。

昔は尾道幼稚園の上のほうに家があったので、商店街はまさに生活圏だった人です。
あちこち見回しながら、
「あの店は、昔は糸屋じゃった。」
「あそこは、あんたの母さんの同級生よ。」
「この店で、よう買ようたんよ。」
と思い出話。

子供の頃は、呉服の商売でお得意先を回るおじいちゃんに連れられて、商店街を歩くことが多く、家で着物を縫っていたおばあちゃんと歩いた記憶は、正直あんまりありません。
でも、何だか、今日はおばあちゃんと手をつないで、子供時代もそうしていたような不思議な感覚に。

子供の頃は、夏休みだけを過ごす場所だった「尾道」。
まさか大人になって、この町に住むことになるとは、思ってもみませんでした。

そうだな。
せっかく子供の頃に手を引いてくれた人達の近くに戻ってきたのだから、
その人達に、もらった愛情を返せるような生き方をしたいな。
かつて手を引いてくれた人の、手を引いて。
今出来ることは、そういうことかもしれないな。
[PR]
by erikaht | 2012-03-18 01:16 | ワタシのこと